HOME > 自毛植毛について > 自毛植毛 ダイレクト法

自毛植毛のダイレクト法とは

自毛植毛のダイレクト法は、メスを使わない方法のため頭皮に傷が付きにくくなっています。人の手でグラフトを作成するのではなく、機械によってグラフトを採取するため精度が高くなっています。医師の技術力による差が出にくく、いつでも同じような自毛脱毛が行えます。今までは医師の技術の差で仕上がり具合が異なるのがデメリットでしたが、ダイレクト法を利用すればそのリスクは軽減できます。

ダイレクト法のデメリット

自毛植毛のダイレクト法は、機械によってグラフトを採取するため、時間が大幅に削減できる事や、精度を上げることができます。しかし、機械で行うため正確な毛の角度を測る必要があり、バリカンで大部分の髪を剃るデメリットがあります。グラフは後頭部などから採取するため、場合によっては後頭部の広範囲が刈り上げられる結果となります。

このページのトップに戻る