HOME > 自毛植毛について > 自毛植毛 傷跡

自毛植毛の傷跡

自毛植毛は近年技術も進化しているため、傷跡が残りにくくなっています。グラフトを採取する箇所は、後頭部などから行われるため傷跡は多少残ったとしても、頭髪で隠れて目立ちにくいです。自毛植毛は髪を毛根ごと移植する方法ですから、まったく傷跡をゼロにすることはできませんが、年数が経つにつれて殆ど目立たなくなる事が多いと言われています。

傷跡が残らない術式

自毛植毛で傷跡が残るのを気にされている方は、メスを利用しない自毛植毛がおススメです。機械でグラフトを採取しますから、精度が高く時間も短時間で済むメリットがあります。傷跡を極力防ぎたいのであれば、術式をよく考慮の上行ったほうが良いでしょう。また、生え際などに移植する場合では、より自然な頭髪とするために、グラフトは細かく分割されたものの方が不自然さが残りません。

このページのトップに戻る