HOME > 自毛植毛について > 自毛植毛 mfu

自毛植毛のMFU

自毛植毛のMFUとは、マルチフォリキュラ株と呼ばれる方法です。現在ではFUTと呼ばれる、顕微鏡で株分けする方法が欧米では主流ですが、それより大きい株となるのがMFUです。ミニグラフト植毛の一種で、毛をより自然に見せるためFUTと兼用される事もあります。生え際など目立つ箇所にはより自然な植毛が可能な、FUTが利用される事もあるようです。

MFUのデメリット

後頭部からグラフトを採取しますが、毛髪を6本程度含む束として移植する方法です。後頭部から採取したグラフトを細かい断片にするため、より自然で跡が残りにくいと言われています。FUTと比べるとグラフトに含まれる毛の本数が多く、広範囲の場所に移植する時に適しています。1株が大きい場合では、生え際に利用するとやや不自然な仕上がりとなってしまうデメリットがあります。

このページのトップに戻る